トイレのトラブル

毎日使うトイレのトラブルは、すぐに解決したい・・・。けれどもご自分で、故障の原因や修理する箇所を見つけるのは、実はとても大変なことなのです。無理にご自分で直そうとすれば、よけいトラブルをこじらせてしまうことになりかねません。最も確実な修理の方法は、専門知識と確かな技術をもったプロにお任せすることです。理の方法は、専門知識と確かな技術をもったプロにお任せすることです

トイレの詰まり

こんな症状は、でていませんか?

次の症状が現れていたら要注意です。
1:排水時に便器内に水があふれる
2:排水しようと思ったら水がでない
3:タンク内に水がたまらない
4:便器内の水の量がバラバラ
5:物を詰まらせてしまった
6:排水時に異音がする

また、排水時に排水し切れなかったり、思うように流れなかったりする場合や、便器の水が常に汚いという場合もあります。こういった場合には、トイレのパイプやタンク、ポンプなどに「つまり」が発生している可能性があります。
トイレの詰まり

修理の方法は?

トイレがつまっている場合、多くの場合は便器内に異物が引っ掛かっている、または下流排水管がつまっていると思われます。市販のラバーカップ(先端に半球のゴムがついたもの(スッポン)を使ってうまく便器のつまりが解消される場合がありますが、詰まっている部分が深いと、なかなか家庭では対処できません。また、専門の技術者でなければ原因がわからないこともたくさんあります。何も分からないまま作業を進めると、トラブルがかえって大きくなることも。現況はそのままにして、水のトラブル解決ネットまでご連絡ください。

トイレの水漏れ

こんな症状はありませんか?

1:タンクから水が漏れている
2:パイプの接続部分から水が漏れている
3:便器と床の間からの漏水
4:タンクの中でチョロチョロと音がする
5:便器の中で水が微妙に流れたまま
6:タンク内に水がたまらない

また、何となくトイレの排水の水流が弱くなったように感じるとか、レバーの部品が濡れているという場合もあります。こういった場合は、水漏れが原因であることが多いです。
トイレの水漏れ

修理の方法は?

1~3タンク部分やパイプの接続部分からの水漏れの場合は、管そのものの老朽化や接続部分パッキンなど、各部品の老朽化が原因と思われます。また4~6のように水が止まらないという場合はタンク内の排水弁(フロートバルブ)の老朽不良、もしくはタンク内ボールタップ不良により水が止まらずオーバーしていると思われます。こういった場合、簡単な部品を交換したり、古くなったネジを交換したりするだけで済むのですが、肝心の故障の原因や修理する箇所を見つけるまでがひと苦労。交換も迅速かつ丁寧にできないと破損の原因になりますし、専門の技術者でなければ原因がわからないことも多々あります。何も分からないまま作業を進めると、トラブルがかえって大きくなることも。現況はそのままにして、水のトラブル解決ネットまでご連絡ください。

ウォッシュレットトイレのトラブル

こんな症状はありませんか?

1:本体がグラグラする
2:止水栓、給水管、送水管などからの水漏れ
3:吐水温度が適温まで上がらない
4:脱臭の効きが弱くなった
5:便座・便フタが正常に開閉しない
6:水の勢いが弱くなった

様々な機能が備わっているからこそ、発生したトラブルも細部にわたる箇所を含めて、数多くのケースがあります。
また、各部品の老朽化などでもウォッシュレットのトラブルは発生します。
ウォシュレットのトラブル

修理の方法は?

高機能のトイレの機能の故障や部品の老朽化など様々な理由から発生したウォッシュレットトイレのトラブル。故障の原因や修理する箇所を見つけるのは、とても大変なことです。ウォッシュレットの耐用年数は、大体7年だといわれおり、その為使用年数が7年以上の場合は、1つの部品を交換してもまたトラブルが発生するかもしれません。修理・交換どちらがよいかを、お客様の立場で考え、状況に応じご提案させていただきます。ウォシュレットの事でお困りの場合には、現況をそのままにして、水のトラブル解決ネットまでご連絡ください。
※修理の場合、その内容によってはメーカー対応となる場合もございます。

お問い合わせはこちらから

CONTACT
修理の依頼、製品など各種お問い合わせはお電話かFAX、
またはメールにてお気軽にお問い合わせください
tel.049-265-6421
fax.049-265-6431